ヴァイオレット・エヴァーガーデン:ヴァイオレットは「裸の大将」だった!? 未来につなげる思い 石立太一監督が語る

 京都アニメーションが手がけるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の劇場版「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が、日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で11月25日午後9時から放送される。2020年9月に公開され、興行収入が約21億3000万円を記録するなどヒットした作品で、テレビで放送されるのは初めて。「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は“神作画”とも呼ばれる美しい映像が話題になってきたが、魅力は神作画だけではない。“大人が本気で泣けるアニメ”ともいわれており、心を揺さぶるストーリー、テーマも大きな魅力になっている。京都アニメーションの石立太一監督に取材をする中で、「『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は『裸の大将(裸の大将放浪記)』みたいなんです」という発言が飛び出した。「裸の大将放浪記」も確かに感動作だが……。
Source: pcci2
ヴァイオレット・エヴァーガーデン:ヴァイオレットは「裸の大将」だった!? 未来につなげる思い 石立太一監督が語る