劇場版アニメ Fate/stay night[HF]:“映像化不可能”への挑戦 監督の作品愛、投影力 ufotableの映像力でアニメ化 高橋祐馬アソシエイトプロデューサーに聞く

108

 人気ゲーム「Fate」シリーズの劇場版アニメ「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」(須藤友徳監督)が、8月15日に公開された第三章「III.spring song」で最終章を迎えた。第一章が公開された2017年10月から約3年で、ついに完結した。第三章は、9月1日時点で観客動員が77万人、興行収入が12億3000万円を突破するなど、前章を上回るペースの異例のヒットを記録。アニメ制作会社「ufotable」が手がけたハイクオリティーな映像が多くのファンを魅了している。[HF]はそもそも、映像化が不可能とも一部のファンの間で言われていた。アニプレックスの高橋祐馬アソシエイトプロデューサーは、映像化への挑戦を「須藤友徳監督の作品愛や投影力、ufotableさんの素晴らしい映像力がかなえてしまいました。私から見ると、これこそが魔法です(笑い)」と語る。高橋アソシエイトプロデューサーに、制作の裏側を聞いた。
Source: pcci2
劇場版アニメ Fate/stay night[HF]:“映像化不可能”への挑戦 監督の作品愛、投影力 ufotableの映像力でアニメ化 高橋祐馬アソシエイトプロデューサーに聞く