KADOKAWA:動画工房を子会社化 【推しの子】大ヒットも話題

 KADOKAWAが、アニメ制作会社の動画工房の株式を取得し、子会社とすることが明らかになった。KADOKAWAは、アニメ事業の戦略として、制作ラインの拡充、制作力の強化によって、魅力的なアニメ作品を継続的に創出していく体制を構築していこうとしており、子会社のENGI、Studio KADAN、レイジングブル、ベルノックスフィルムズ、関連会社のキネマシトラスとの連携を図り、グローバルに通用するアニメ作品の創出に向けた体制をより一層強化する。
Source: pcci2
KADOKAWA:動画工房を子会社化 【推しの子】大ヒットも話題