国家公務員さん、定年後5人に1人は生活苦、準備不足に後悔も

1: 2024/04/04(木) 16:00:14.47 ID:??? T
2022年度に60歳で定年退職した国家公務員のうち、5人に1人は常に家計が赤字で生活苦―。
こんな調査結果を人事院が4日までにまとめた。
多くは定年後も働き続けるが、低下した給与に不満を抱えている。
退職前からもっと年金や投資に関心を持てば良かったとの後悔も強く、老後の備えの大切さを示唆している。
調査は退職後の生活状況を把握するため、3年に1度実施する。今回は、各省庁の出先機関などを含む一般職5233人が回答した。
調査結果によると、退職後の家計を「常に赤字で生活が苦しい」としたのは18.2%。「時々赤字」23.3%を合わせると41.5%で、多くは退職手当や預貯金の取り崩しで補っている。
最多は「ゆとりはないが赤字でもない」で38.8%。

(続きは以下URLから)

https://news.livedoor.com/article/detail/26170005/

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/a/fad2a_1675_f248317389e88963cfd86420f7e31953.jpg


続きを読む
Source: 投資チャンネル
国家公務員さん、定年後5人に1人は生活苦、準備不足に後悔も