5G時代に反転攻勢を狙うXperia、ソニーモバイル社長「構造改革のフェーズは、ついに終わった」

トレンド
1:HAIKI ★ 2020/04/22(水) 21:32:00.15 ID:CAP_USER

コンセプトを刷新した「Xperia 1」の登場から、約1年が経った。その後継機となる「Xperia 1 II」は、ソニーモバイルが送り出す初の5G対応スマートフォンとして、5月以降に発売される。日本では、ドコモとauが導入を決定。センサーサイズを1/1.7インチに大型化したことや、秒間20連写の機能など、ソニーがαで培った技術を惜しみなく投入し、発表時には大きな話題を集めた。

一方で、ソニーモバイルのスマートフォンビジネスは、必ずしも順風満帆ではなかった。構造改革によって販売台数は急落しており、2019年度は通期の販売台数が350万台になる見通しだ。ソニー・エリクソン時代は、億単位の携帯電話を販売していたことを考えると、大幅な事業縮小と言っても過言ではない。

ただし、この販売台数縮小は、構造改革のために販路を集中するなどした結果だ。2020年度は黒字化を公約しており、5G時代に反転攻勢をかけていく方針を打ち出している。新コンセプトの下で初めて5Gに対応したXperia 1 IIは、そんなソニーモバイルを象徴する製品とも言えそうだ。では、5G時代に同社はどんな手を打っていくのか。ソニーモバイルで代表取締役社長を務める岸田光哉氏に話を聞いた…
続きはソース元で
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/interview/1247999.html

続きを読む

Source: IT
5G時代に反転攻勢を狙うXperia、ソニーモバイル社長「構造改革のフェーズは、ついに終わった」