【進化論】古代のヘビ、7千万年にわたり足があったと判明 新化石から判明

芸能など

古代のヘビ、7千万年にわたり足があったと判明 新化石から判明

http://blog.livedoor.jp/worldfusigi/js/sp_middle_ad.js
1: エジプシャン・マウ(宮城県) [US] 2020/01/03(金) 21:11:10.69 ID:z9++TRQ70● BE:601381941-PLT(13121)
no title

初期のヘビ、7千万年にわたり足があった 新化石から判明

(CNN) ヘビは7000万年にわたり後ろ足を持っていたが、その後の進化の過程で失われた――。
新たな化石を分析した結果として、20日の米科学誌サイエンスアドバンシズにそんな論文が発表された。

ヘビは1億7400万年前~1億6300万年前に出現。その後の進化で手足のない生態に適応したが、これまでの限られた化石記録からは変化の様子が分かっていなかった。

従来の説ではヘビに手足があった期間について、四肢のない現在の体形に適応するまでの過渡期に過ぎないとの見方もあった。

しかし、新たに発見された保存状態のよい化石を分析した結果、長期間にわたり後ろ足があったことが判明した。

(以下略)

※全文はソース元で


引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578053470/

続きを読む

Source: 不思議
【進化論】古代のヘビ、7千万年にわたり足があったと判明 新化石から判明