【悲報】日経平均、新年早々大暴落

トレンド
s 19

東京株式市場の2020年初めての取引となる6日午前の大発会で、日経平均株価は大幅続落した。

前営業日比483円27銭(2.04%)安の2万3173円35銭で前場を終えた。米軍によるイラン革命防衛隊司令官の殺害を受け、両国の対立が激化するとの懸念から運用リスクを回避する目的の売りが優勢になった。東京外国為替市場で円相場が1ドル=107円台後半と円高・ドル安に振れたことも投資家心理の重荷となり、日経平均の下げ幅は一時500円を超えた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も大幅に続落した。

米国とイランの威嚇の応酬が激化するなか、朝方からリスク回避の売りが先行し…
続きはソース元で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54053310W0A100C2000000/

続きを読む

Source: IT
【悲報】日経平均、新年早々大暴落