Visa、AI活用で年間約2兆7100億円の詐欺被害を防げたとする解析結果を発表

トレンド

Visaは、AI(人工知能)を使ったクレジットカードの不正監視システムで、推定で年間250億ドル(約2兆7100億円)の被害を防げたとする解析結果を発表した。

AIを活用した監視ツール「Visa Advanced Authorization」(VAA)で、自社の電子決済ネットワーク「VisaNet」上で行われた全1270億件(2018年)の取引を解析。取引の傾向をAIが判断することで、従来よりも高い精度で不正取引を見抜けたという。

VAAのAIは、クレジットカード決済時の状況や購買の傾向などから、不正行為の兆候を約1ミリ秒以下で評価…
続きはソース元で
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/19/news082.html

https://usa.visa.com/about-visa/newsroom/press-releases.releaseId.16421.html

続きを読む

Source: IT
Visa、AI活用で年間約2兆7100億円の詐欺被害を防げたとする解析結果を発表