市販「液体のり」、白血病治療の救世主に!? その驚きの理由がこちら→

芸能など
no title
1: 風吹けば名無し 2019/05/30(木) 14:31:09.32 ID:D5Vli4Lf0
市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆:朝日新聞デジタル

白血球や赤血球に変われる造血幹細胞は、0・5リットルで数万円するような培養液でも増やすことが難しい。このため、白血病の治療はドナーの骨髄や臍帯血(さいたいけつ)の移植に頼る場面が多かった。

東京大の山崎聡特任准教授らは、培養液の成分などをしらみつぶしに検討。その一つであるポリビニルアルコール(PVA)で培養したところ、幹細胞を数百倍にできたという。マウスに移植し、白血球などが実際に作られることも確認した。

PVAは洗濯のりや液体のりの主成分。山崎さんは実際、コンビニの液体のりでも培養できることを確認した。

全文はこちら
https://www.asahi.com/articles/ASM5X6HTMM5XULBJ01H.html

引用元: 白血病 液体のりで治ってしまう事が判明し医療会騒然


続きを読む

Source: 不思議
市販「液体のり」、白血病治療の救世主に!? その驚きの理由がこちら→