オーストラリア政府、カンガルー肉の毒入りソーセージを空中からばらまいて野良猫200万匹を殺処分へ【捕鯨反対の国】

芸能など
1: 風吹けば名無し 2019/04/30(火) 02:05:32.47 ID:yQ6IcvYId
a2cf7fbe8d81c7daf74f214d87f9356e

オーストラリア政府は、固有種を保護のため、2020年までに野良猫を200万匹駆除する計画を立てている。
しかし、その駆除方法の一つが極めて残忍であると批判を強めている。

毒入りソーセージで野良猫を駆除

その駆除方法とは、毒入りソーセージを食べさせること。

『ニューヨーク・タイムズ』によると、そのソーセージはカンガルーの肉、鶏の脂肪、スパイスやハーブから作られ、食べると15分以内に死に至るとのこと。
野良猫の生息地で1kmの間隔で、この毒入りソーセージ50個を飛行機から撒く。
開発を手がけたデイブ・アルガー博士は「このソーセージが猫の最後の食事です」と語っている。

(以下略)

https://finders.me/articles.php?id=953
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00010003-finders-sctch

※英文ニュース記事
https://www.inverse.com/article/55319-australia-s-poison-sausages-kill-millions-of-cats

引用元: 【悲報】オーストラリア政府、毒入りソーセージを飛行機からバラマキ、野良猫200万匹を駆除へ


続きを読む

Source: 不思議
オーストラリア政府、カンガルー肉の毒入りソーセージを空中からばらまいて野良猫200万匹を殺処分へ【捕鯨反対の国】