三菱UFJ、2023年度までに本部社員数を半減する方針。余裕ができた人員は営業などに異動

トレンド

三菱UFJ銀行は2023年度までに、本部に所属する社員数を半減する方針だという。

業務の自動化システムなどを導入し、余裕ができた人員は営業部門や海外の拠点に異動させる。長引く低金利や異業種の参入で事業環境が厳しくなっており、人員配置を最適にして収益力を高める。

東京の本部には企画や管理などを担当する6000人程度の社員がいる。単純な事務作業では「RPA」(ロボティック・プロセス・オートメーション)と呼ば…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44324960X20C19A4MM8000/

続きを読む

Source: IT
三菱UFJ、2023年度までに本部社員数を半減する方針。余裕ができた人員は営業などに異動