楽天、自社運営のスタジアムで現金での支払いの受け付けをやめキャッシュレス決済を原則。現金厨は淘汰へ

トレンド

楽天は自社が運営する2つのスタジアム内での買い物について、現金での支払いの受け付けをやめスマートフォンなどで支払いをするキャッシュレス決済を原則とすることを発表した。

このうち、プロ野球・楽天の拠点、仙台市の「楽天生命パーク宮城」では、4月2日の開幕戦からスマートフォンなどでのキャッシュレス決済を原則とします。

利用できるのはクレジットカードのほか、楽天が事業化している電子マネーとQRコード決済です。

このため、スタジアム内のおよそ150の店舗すべてに専用端末を置くほか、100人を超える観客席の売り子にも端末を用意します。

また、電子マネーをチャージする端末をおよそ100台設置するほか…
続きはソース元で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190110/k10011772881000.html

楽天グループ、完全キャッシュレスの「スマートスタジアム構想」を発表 | 楽天株式会社
楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)、株式会社楽天野球団(本社:宮城県仙台市宮城野区、代表取締役社長:立花 陽三)、楽天ヴィッセル神戸株式会社(本社:神戸市中央区、代表取締役社長:立花 陽三)は、プロ野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」(以下、「楽天イーグルス」)...

続きを読む

Source: IT
楽天、自社運営のスタジアムで現金での支払いの受け付けをやめキャッシュレス決済を原則。現金厨は淘汰へ